葬儀のプランが充実|自由な方法で故人を偲ぶ

業者選びのポイント

見積書を出してもらう

花

遺族や近親者の間で葬儀スタイルや規模、予算などが決まったら、葬儀社を手配します。
大東市の葬儀は昔と違い、自宅よりも会場を借りて行うことが多いので、式場、火葬場、僧侶の都合など葬式のプロである葬儀社の手を借りることになります。
依頼する際は、宗教・宗旨・日取り・規模・予算を明確に伝えます。
葬儀の料金は等級によって違いますが、部分的には希望を取り入れることは可能ですから、担当者に相談し見積書を出してもらうことが大切です。
信頼できる葬儀社選びのポイントは、葬祭業共同組合に加盟している業者かどうかを確認することです。
組合加盟の葬儀社は統一価格が基本ですから、良心的で信用できると言えます。
また、大東市の生活相談係などに問い合わせると、市民葬などを取り扱う業者を紹介してくれ、低料金で葬儀を行うことができます。
電話帳や近所の人の話を参考にする場合、大東市の自宅から近い業者だと何かと便利です。
昔から大東市に住んでいる近所の人や、町内会長などに聞いてみるのもいいでしょう。
病院で亡くなった場合は、出入りの許可を得た業者を紹介してもらうと遺体の運搬から頼むことができます。
葬儀にかかるお金は大きく分けると、業者への支払いと寺社へのお礼、参列者への接待費の3つに分類され、これに雑費がプラスされます。
業者への支払いはセット料金が普通で、ドライアイスやテント、テーブルなどレンタルしたものはセットに入っておらず、別料金になる場合が多いようです。

多種多様なお別れスタイル

女性

日本では9割以上が仏教に沿った仏式スタイルで葬儀が行われています。
しかし、最近では仏教などの宗教にとらわれない、故人の人柄やセンスを反映したフリーダムな葬儀が人気となっています。
一般的に大東市で仏式葬儀をすると、トータルで200万円程度の予算がかかると言われています。
しかし、宗教にとらわれない葬儀であればそれほどお金がかからないので、経済的な負担が減るというメリットもあります。
また、お焼香等の宗教的な儀式を一切排除したスタイルの葬儀なら、あまり堅苦しい場が苦手な人も気兼ねなく参加できます。
大東市でも故人の意思を反映したお葬式のニーズが高まっています。
仏教、キリスト教、神式にとらわれない無宗教葬や自由葬などが大東市で人気です。
また、散骨方法では樹木葬や海洋葬に注目が集まっています。
指定された霊園や森林に遺骨を散骨するのが樹木葬です。
生前登山やハイキングなどの自然が好きだった人に、樹木葬は人気の高い葬儀スタイルです。
海が好きだった人に人気の散骨方法が海洋葬です。
クルーザーをチャーターし、海に一部の遺骨を散骨をします。
樹木葬も海洋葬も大東市の葬儀会社に相談すれば、予算内で出来るプランを提案してくれます。
今は死ぬ前に自分のお葬式をプロデュースしておく「終活」なる言葉もあります。
残された遺族の経済的な負担や心理的な負担を減らすことができるため、元気なうちから自分らしいお葬式を考えておくのがおすすめです。

通夜の前に

数珠

葬儀はたいていの場合、心の準備もなく進行することが多いため、どうしていいのかわからないことが多々あります。
日頃から一通りの式次第を心得ておき、いざという時にそなえておくことが大切です。
葬儀の準備を進めるために、まずは喪主を決める必要があります。
以前は法律上の相続人が喪主を務めるのが普通でしたが、現代大東市では故人と一番縁の深い人が喪主になるのが一般的です。
例えば故人が夫の場合、子供がいないか未成年の場合は妻が、そうでなければ長男が喪主を務めます。
故人が妻の場合はその夫、夫が死亡している場合は長男がなります。
長男も死亡していたり、日本にいないため葬儀に出席が不可能な場合は次男という風に決めていきます。
また、故人が子供の場合はその父か母が喪主を務め、縁者がいない場合は友人などが喪主を務めます。
家族や親族の中心となり葬儀を執り行うのが喪主の役目ですが、実際の葬儀の細かいことはすべて世話役が取り仕切り、喪主は遺族とともに遺体の側にいて弔問を受けます。
喪主は葬儀を執り行う際の中心となる重要な立場ですが、葬儀の進行係ではありません。
大東市の葬儀進行のいっさいは世話役が担うのが一般的です。
しかし最近では通夜〜葬儀までを任せることが多くなっているようです。
この場合、通夜の前に世話役を依頼します。
世話役は、大東市の親戚や親しい友人、町内会や職場の中から葬儀の規模に応じて何人かに頼みます。
喪家の内部事情を十分承知していて経験豊富な統率力のある大東市の人にお願いしましょう。

お葬式の基礎的なマナー

式場

お葬式の知らせは突然来ることが多いです。もしものときに備えて、お葬式の一通りのマナーを覚えておくことが大切です。大東市で仏式の通夜、葬儀、告別式に参列する場合も同じで、宗教に沿ったマナーや振る舞いを心がける必要があります。

もっと読む

業者選びのポイント

花

葬儀の形式や予算がまとまったら葬儀社の手配をします。信頼できる業者かどうか見極めるポイントの1つは、葬祭業共同組合に加盟している業者かどうかです。また、市町村役場に問い合わせて葬儀業者を紹介してもらうのも1つの方法です。電話帳や昔から大東市に住んでいる近所の人に教えてもらうのもいいでしょう。

もっと読む

出棺前の喪主の挨拶

線香

大東市の葬儀では、喪主・遺族代表が挨拶の言葉を述べます。まず初めに参列者に対してお礼を述べ、続いて死亡理由、日時、享年を伝えます。そして故人の思い出などを語り、最後に残された遺族に対する厚誼のお願いを述べます。約2分程度を目安とし、あまり形式にとらわれず、素直な気持ちを表すことが大事です。

もっと読む