葬儀のプランが充実|自由な方法で故人を偲ぶ

出棺前の喪主の挨拶

率直に気持ちを表す

線香

葬儀と告別式は、昔は別の意味を持つ儀式として行われていましたが、最近大東市では葬儀と告別式を続けて行う場合が多くなっています。
その場合、告別式が終わったところで、喪主または遺族代表が挨拶の言葉を述べます。
大東市では、出棺前に挨拶を行うのが一般的です。
葬儀・告別式の挨拶では、まず初めにわざわざ大東市まで足を運んでもらった参列者に対してお礼の言葉を述べます。
次に、故人の死亡の理由、日時、享年などを伝え、さらに時間的・心情的に余裕があるなら、故人の人柄を偲ばせるようなエピソードを語ってもいいでしょう。
故人が生前大東市でお世話になったことへのお礼を伝え、最後に、残された遺族に対する厚誼のお願いを述べるのが一般的です。
礼儀をふまえて言葉に気をつけることはもちろんですが、あまり形式にとらわれる必要はありません。
率直に素直な気持ちを表現することが大切です。
時間は約2分程度が目安です。
緊張したり動揺したりで上手く話せそうにないという場合は、要点だけを押さえた短めの挨拶でもかまいません。
その場合は、参列者に対するお礼と故人への生前の厚誼に対するお礼だけを簡潔に伝えればいいです。
「動揺が抑え難く、言葉が出てまいりません」と、十分な挨拶ができなかったことへのお詫びを一言付け加えるといいでしょう。
通夜で述べた挨拶と内容が重なることも多いですが、その場合も葬儀・告別式のみの会葬者もいることに配慮して、死亡理由、日時、享年などはなるべく省かずに伝えましょう。

お礼をする

花

身内が亡くなると、葬儀の手配やら親戚への連絡やら、いろいろと忙しくなります。
その時は無我夢中で滞りなく行わなくてはならないので、あっという間に過ぎ去ってしまうものです。
ところが、葬儀が終わってからもまだまだやるべきことはあります。
まず、葬儀でお世話になった人たちにお礼状を送るなど、お礼をしましょう。
香典返しもその一つです。
大東市で葬儀を行った場合、香典返しの品を選ぶのも大変なので、大東市で品物を探してみるといいかもしれません。
あまり時間をかけないようにしましょう。
いろいろと余裕があれば、葬儀会社にもお礼をします。
大東市在住で地域密着型の葬儀会社を利用したのなら、また大東市で利用するかもしれません。
次の時のためにも礼節を大切にしておきましょう。
次に頼む時にも役立ちます。
それから、少し落ち着いたら今度は四十九日の法要もやって来ます。
お墓がない場合には、その手配も必要です。
何かとやるべきことがあるため、一つ一つ整理しておきましょう。
一人で行わず、身内や親戚、信頼できる友人などにも相談しながら行うとスムーズにいきます。
それから、最近の葬儀会社はいろいろと相談に乗ってくれるところが多くなっています。
お墓の手配なども提携先を紹介してくれることがあるので、この点も相談してみるといいかもしれません。
間に詳しい人が入ってくれると、流れがスムーズにいくことがあります。
このようにして、一つずつこなしていきましょう。

参列者が多いほど高額に

数珠

大東市で一般的な葬儀をする場合、費用はどれほどかかるのでしょうか。
葬儀で通夜や告別式、火葬などにかかる費用は通常100万円以上必要です。
そのほか通夜振る舞いや告別式の食事、火葬後の精進落としなどの費用がかかります。
この場合の費用は一人数千円程度となり、参列者が多い場合は費用が数十万円以上になることもあります。
そのほかに僧侶へのお布施や戒名料が必要となります。
戒名は宗派別に違っていて、ランクが高いほど高額になります。
この費用は数万円から数十万円ほどの開きがあり、また宗教によっても違いがあります。
しかし戒名料はお布施という形でお渡しするので、遺族によってはお礼の気持ちを込めて相場より高い金額を包むこともあります。
大東市では葬儀社は費用に応じて様々なプランやオプションを用意しています。
セットプランは遺体の搬送や安置、納棺のほか通夜、告別式のホールや祭壇、花などの費用、スタッフの人件費などが組み込まれています。
そのほかに湯灌や車両費、貸布団、ドライアイスなど様々なオプションがあります。
これらは業者によってオプションやサービス内容も違ってきます。
最近大東市でも増えてきた家族葬や小さな葬式は少人数で行うため費用もかなり抑えることができます。
通夜や告別式をせず直葬にする場合は10万円台で行うことも可能です。
また大東市では社会保険や国民健康保険などに加入している場合は補助金が支給されます。
葬儀後は忘れずにこれらの申請をすることが大切です。

お葬式の基礎的なマナー

式場

お葬式の知らせは突然来ることが多いです。もしものときに備えて、お葬式の一通りのマナーを覚えておくことが大切です。大東市で仏式の通夜、葬儀、告別式に参列する場合も同じで、宗教に沿ったマナーや振る舞いを心がける必要があります。

もっと読む

業者選びのポイント

花

葬儀の形式や予算がまとまったら葬儀社の手配をします。信頼できる業者かどうか見極めるポイントの1つは、葬祭業共同組合に加盟している業者かどうかです。また、市町村役場に問い合わせて葬儀業者を紹介してもらうのも1つの方法です。電話帳や昔から大東市に住んでいる近所の人に教えてもらうのもいいでしょう。

もっと読む

出棺前の喪主の挨拶

線香

大東市の葬儀では、喪主・遺族代表が挨拶の言葉を述べます。まず初めに参列者に対してお礼を述べ、続いて死亡理由、日時、享年を伝えます。そして故人の思い出などを語り、最後に残された遺族に対する厚誼のお願いを述べます。約2分程度を目安とし、あまり形式にとらわれず、素直な気持ちを表すことが大事です。

もっと読む