葬儀のプランが充実|自由な方法で故人を偲ぶ

色々な形式

故人の遺志を尊重して

数珠

大東市で行う葬儀の仏式が最も多いですが、同じ仏式でも宗派やその地域の風習・しきたりによって細かい部分に違いがあります。
葬儀には、仏式以外にキリスト教式、神式、無宗教式などの種類があり、最近ではお別れの会や偲ぶ会を行うことが多くなっています。
どの形式の葬儀を行うにしても、故人の遺志を尊重することがいちばん大切です。
無宗教葬儀(自由葬)は、特定の宗教やしきたりにとらわれない形の葬儀で、僧侶や神官・神父などの宗教的司式者を呼ばないで行う葬儀です。
故人の親族や生前親交のあった人達が集まり、故人との最後のお別れを惜しみます。
大東市でも増えている形式ですが、世間的にはまだまだ少数なので、故人の遺志や遺族の強い気持ちがたいへん重要であり、十分な計画が必要です。
また、無宗教葬儀は低料金で行えますが、遺骨は寺院の墓地には埋葬できませんので、公営の墓地や霊園を利用することになります。
自然葬(散骨)は、故人の希望で遺灰を山や海にまいて自然に還すことです。
大東市でも海洋葬・山岳葬として徐々に希望する人が増えています。
散骨は、まず密葬を済ませてから行いますが、散骨が可能な山や海は限られていますし、同行できる人数にも限りがあるので注意が必要です。
生前葬は、生きているうちに葬儀を行うことです。
自分の葬儀は自分の手で取り仕切りたいという気持ちで行いますが、大東市ではまだ実行する人は少ないです。
生前葬を行う場所は、ホテルや自宅が一般的です。

きちんとしたお詫びが大切

棺

葬儀は予定を立てておけるものではないので、自分の用事と重なってしまうことがあります。
大東市ではこの用事が重要なものでない場合は、葬儀を優先したほうが良いでしょう。
また通夜か告別式どちらかに参列することもできます。
通夜だけに参列する場合は、遺族にお悔やみの言葉を述べ告別式に参列できないお詫びをしておきます。
場合によっては告別式の際に振舞われる食事の用意がされていることもあるからです。
先に伝えておけば遺族は食事の発注数を減らす事もできます。
通夜と告別式の両方に参列できない場合は、やむを得ない事情がありお伺いできず申し訳ありませんとお詫びします。
大東市では参列できない場合は弔電を打つことが一般的です。
その際に供花や供物などを送る人もいます。
参列のお断りは直接会ってお詫びできない場合には電話になります。
電話は顔が見えない分相手に気持ちが伝わりにくいということもあります。
ただ断るのではなく遺族に気遣いの言葉をかけることも大切です。
また長話は相手に迷惑になることもあるので避けましょう。
そして後日改めて故人の家に訪問して御位牌にお参りさせて頂きます。
お悔やみの言葉と共に葬儀に参列できなかったお詫びも改めてします。
大東市ではこの時に香典をお渡しすることもあります。
訪問する前には事前に連絡して遺族の都合を聞くことも大切です。
大東市では葬儀後は様々な手続きなどもあり、遺族も忙しくしていることが多いものです。
しばらくして遺族が落ち着いた頃を見計らって訪問することも大切です。

宗教によって違います

合掌

大東市で行う通夜や葬儀・告別式に参列する際は、香典を持参するのがならわしです。
香典は仏教に由来する言葉で、故人に供えた香に変わるものとしてお金を包むようになりました。
大東市では宗教・宗派に関係なく、香典としてお金を霊前に供えますが、表書きは其々異なるため注意が必要です。
仏式の場合は「御香典」「御仏前」「御香料」、神式の場合は「御神前」「御新餞」「御榊料」、キリスト教の場合は「御花料」「御霊前」などです。
宗教が分からない場合は御霊前としておけばどの宗教でも通用します。
香典を何人かで出し合って包む場合は連名になります。
金包みの表に書くのは3名までで、それ以上になると、上書きは〇〇会一同などとして、中に全員の名前を書いた紙を入れます。
その時、連名の書き方は目上の人から順番に右から左へ書きます。
また、金額は表面の氏名の左上に書くのが正式ですが、最近では裏面に書くことが多くなってます。
香典は普通、大東市の通夜・葬儀に参列する際に持参するものですが、止むを得ない事情で参列できない場合は葬儀に間に合うように郵送するか、葬儀の後で弔問する時に持参するといいでしょう。
郵便で送る時は不祝儀袋に入れたまま現金書留で送り、お悔やみの言葉を添えるとより丁寧です。
また、大東市では故人の霊を慰めるため霊前に供える品物を供物といいます。
供物はキリスト教の場合は生花に限り、神道では御神酒としての清酒や海の幸、山の幸としての食べ物を供えます。

お葬式の基礎的なマナー

式場

お葬式の知らせは突然来ることが多いです。もしものときに備えて、お葬式の一通りのマナーを覚えておくことが大切です。大東市で仏式の通夜、葬儀、告別式に参列する場合も同じで、宗教に沿ったマナーや振る舞いを心がける必要があります。

もっと読む

業者選びのポイント

花

葬儀の形式や予算がまとまったら葬儀社の手配をします。信頼できる業者かどうか見極めるポイントの1つは、葬祭業共同組合に加盟している業者かどうかです。また、市町村役場に問い合わせて葬儀業者を紹介してもらうのも1つの方法です。電話帳や昔から大東市に住んでいる近所の人に教えてもらうのもいいでしょう。

もっと読む

出棺前の喪主の挨拶

線香

大東市の葬儀では、喪主・遺族代表が挨拶の言葉を述べます。まず初めに参列者に対してお礼を述べ、続いて死亡理由、日時、享年を伝えます。そして故人の思い出などを語り、最後に残された遺族に対する厚誼のお願いを述べます。約2分程度を目安とし、あまり形式にとらわれず、素直な気持ちを表すことが大事です。

もっと読む